★注意★ブログ記事の情報が古い場合がございますので物件ページへクリックして確認するか、お問い合わせください 03-6451-3961

歌川広重で有名な「薩埵峠」!富士・駿河湾・東名・JRが一度に見える絶景スポット!

こんにちは、静岡担当岩本です。静岡から東京方面に向かう東名高速を走った時や、国道を走った時、興津川を越えると見えてくる、すばらしい景色。富士山と駿河湾にせり出した東名高速や下を走るJRなどが交差して、全国でもここしかない切り取りたい風景ですね。今更ですが、この景色をゆっくりと独り占めできる展望台があることをTVの番組で最近知りまして、4月の下旬だったか、早速、伊豆方面に行った帰りに車で行ける展望台に行ったみました。夕方でもあり、天気もあまり良くなかった為富士山も半分雲に隠れて不完全燃焼でした。そこでゴールデンウィークに再挑戦してきました。今度は、興津駅から歩いて峠を越えるハイキングコースです。天気もすこぶる晴天に恵まれ行ってきました。

「薩埵峠」は興津駅と由比駅の中間にあたる薩埵山を越えることを意味します。この峠は、東の「箱根峠越え」、西の「鈴鹿峠越え」と並ぶ東海道中の難所といわれたそうです。

①「興津駅」の駐車場に車を置いてスタートです。

途中からは海岸に面した山道になっていて「興津駅」から「由比駅」間での1駅、電車なら5分で行けてしまう距離ですが、きれいな景色と、澄んだ空気を吸いながら2.5時間の山越えです。

歩き始めるとすぐに興津の「一里塚碑」が道路沿いに。民家の入口付近の目立たない場所にあります。東海道の旅のスタートです。

興津川を渡ると地図にない、民家の庭先の細い道を通らせていただき〈近道だそうです。〉、山の斜面に沿った、またまた、30㎝くらいの幅の細い通路?を歩きます。

ほんとにここかい?と思いながら地図にある、「白髭神社」を目指します。細い階段を上がるとやっと「白髭神社」です。

神社を通り過ぎ、次の目印、「駐車場・トイレ・墓地」につきました。ここまでは車でこれマス。興津駅からスタートして40分ほどかかりました。

②ここからが本番。墓地の先の階段を上がって山道に入ります。

結構急な階段ですが登りきると、明るい海岸が見えてきました。

海岸の絶壁を見ながらさらに急な階段がありますが駿河湾一望の見晴らしはすばらしい。

東海道標のところに着きました。興津駅から結構山を上がってきたのでやっと一息「薩埵峠」です。

清水市の重要な眺望景観の地として指定されている。

そこを過ぎると緩やかな道になります。ここも絶景!富士山も見えてきました!

あずま屋に到着。疲れた人はここで一休みしますがここまでくれば、先日車で来た時にみた展望台まですぐですので休みません。かえって足が軽やかになります。

行先を示す看板もあります。

③展望台に到着、富士山はバッチリ。駿河湾もきれいです。

車で駐車場まで来て3分ほどでここまで来れるのですが、歩いてきてよかった!やはり少しですが苦労した分感激が違います。

あとはカメラマンの腕?でしょうか。デジカメ任せですが・・・・。いかがでしょう?

皆さん、最近は本格的な一眼レフの高級なカメラをお持ちなので差が付きますね。

歌川広重が描いた「由井」と比べてみましょうか。

広重の「由井」のちに「由比」となりました。

まだ、峠の山の中に道がなく、波間を縫いながら岩伝いに合間を抜けて通らなけらばならなかった頃の図でそのあと、山の中腹を通り抜ける道が切り開かれましたが難所と呼ばれていました。

由比海岸〈漁港〉と富士山の風景

何枚か写真を撮り、駐車場に到着。

駐車場には

駐車場を後にします。興津駅から歩いて峠を越え、今から由比駅に向かいます。

ここからは「由比駅」に向かってひたすら下ります。このカーブを曲がった先に

合戦の跡地になっていた場所がありました。 【以下説明】

古来、ここでは二度の大合戦があった。まず観応二年(一三五一)室町幕府を開いた足利尊氏(あしかがたかうじ)と鎌倉に本拠を構えた弟の直義(ただよし)の戦い。直義軍が敗退した。二度めは永禄十一年(一五六八)から翌年にかけてで、武田信玄 が駿河に侵攻したので、今川氏真 が清見寺(せいけんじ)に本陣を置き薩埵峠に先鋒を構えたが敗退した。
そこで小田原の北条氏が今川に加勢して出陣し、今度は、武田が敗れて一旦甲州へ引き上げたが、永禄十二年十二月に三たび侵攻し、このとき蒲原城 を攻略した。
平成十七年十二月 

その前に「さった地蔵」の道標があります。かなり風化しています。

「由比駅」から上ってくる人たちとすれ違います。やはり登りは大変そうです。

民家が見えてきました。その先は「由比宿」に入ります。この日はどこでも富士山が見えます!

江戸時代に峠を越える前の宿として賑わった旧家がそのまま残されていてタイムスリップしたような「由比駅」まで続くレトロな街並みは東海道「由比宿」と呼ばれています。「由比宿」ももちろん歩きましたが今回書き入れませんので次回に持ち越しです。お楽しみに。

関東方面から車で来られる方は国1バイパスから52号線に入り10分位で展望台のある駐車場まで来れますが由比駅から上がってくるには道が狭いのでオススメしません。

静岡まで来られたら足を延ばしてみてはいかがでしょうか?JR興津駅からタクシーで見えている方もいらっしゃいました。結構お手軽です。

ここまでお読みいただいた方、興味がありましたら日本マウントHPでリゾート物件ご覧になってみませんか?

 

伊豆、箱根、富士五湖などの静岡県の田舎暮らし物件は中古住宅などの不動産のご相談はこちらへ

その他、関東甲信地方の、お買い得な不動産(中古別荘、中古住宅、田舎暮らし物件を専門)を取り扱っています。

日本マウントHP
不動産の売買、仲介、査定に加え、田舎暮らしのサポートもいたします。
お気軽に日本マウントにご相談ください。

営業時間外及び休業日は、問い合わせフォームまたはFAXでお願いします。
東京都品川区平塚2-5-8五反田ミカドビル3F
お気軽にご連絡ください!お待ちしております!

FREE:0120-404-432
TEL:03-6451-3960
FAX:03-6451-3961

 

 

 

岩本和彦

岩本和彦

静岡エリアの現地案内スタッフ。 建設・不動産業界一筋30有余、多くのお客様・関係者様の助力をいただき、今日に至っております。 現在もなお昔からのお客様に可愛がっていただいております。 今後も生涯に渡り、縁ある方を大切に、持てる力を発揮して参りたいと思います。

More Posts - Website

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ピックアップ記事

  1. 2018-5-26

    信州の気候に適合した築8年のこだわり中古別荘のご紹介です!(安曇野)

    こんにちは安曇野エリア担当の酒井です。 今日は安曇野市堀金から築浅のステキな中古住宅のご紹介で…
  2. 2018-5-25

    富士ヶ嶺・400坪越えの平坦敷地!あこがれの広~い芝庭のある平屋建てスウェーデンハウスのご紹介!

    こんにちは、静岡担当岩本です。今回は山梨県、富士ヶ嶺のドクタービレッジの中の良質物件をご紹介します。…
  3. 2018-5-24

    のんびり一泊二日 安曇野&松本の旅。計画を立てるのが面倒なズボラな方へ捧げる日記

    気持ち良い天気が続きますね。 春も5月になるとすっかり暖かい日が続きます。 時には夏のような…

新着記事

  1. こんにちは!富士五湖現地スタッフの富士まりもんです。 最近はすっかり初夏の様子になった富士五湖です…
  2. こんにちは安曇野エリア担当の酒井です。 今日は安曇野市堀金から築浅のステキな中古住宅のご紹介で…
  3. こんにちは、静岡担当岩本です。今回は山梨県、富士ヶ嶺のドクタービレッジの中の良質物件をご紹介します。…
  4. こんにちは~ 那須・日光エリア、現地スタッフの橋本です。 那須高原、那須塩原より現地のHOTな情…
  5. 気持ち良い天気が続きますね。 春も5月になるとすっかり暖かい日が続きます。 時には夏のような…
  6. こんにちは、静岡担当岩本です。 熱海のリゾートマンションをご紹介します。熱海駅から車で5分、熱…
  7. 千葉県北東部&九十九里エリア そして茨城を担当いたします sawaiです (^^)/ 今日、ご紹…
  8. こんにちは(^O^)/ 長野県北信エリア現地スタッフreikoです! 先月調査しました信濃町野尻…
  9. こんにちは、静岡岩本です。愛鷹山と十里木高原南富士別荘地だけにに生息する、アシタカツツジを求めて今年…
  10. こんにちは! 長野県北信エリア現地スタッフReikoです(^o^)/ 野尻湖グリーンタウンにある…

話題の記事

  1. 群馬県、現地スタッフの峰岸です。 北軽井沢・嬬恋村や長野原町の魅力を現地からお伝えします 新…
  2. そうだ新倉山浅間公園に行ってみよう 何かと最近話題なっている新倉山浅間公園。 テレビでも外国人が…
  3. 千葉県北東部&九十九里エリア そして茨城を担当いたします sawaiです (^^)/ 今日、ご紹…
  4. こんにちは~ 那須・日光エリア、現地スタッフの橋本です。 那須高原より現地のHOTな情報を リ…
  5. あなたは親から家を相続で譲りうけることになりました。 その家は現在、住んでいるところからは…
ページ上部へ戻る