不動産売却と残置物:トラブル回避のためのステップと売却成功の秘訣

不動産売却の相談・方法

ある地方の別荘の決済・引渡し手続きが行われました。この案件は時間を要する売却プロセスを経ての取引でした。

当初、販売が難航する見通しでしたが、幸いなことに、営業担当者が忍耐強く努力し続けたことで、成果を得ることができました。

この物件、大きな問題を抱えていました。それは残置物が大量にあったことです。

残置物(ざんちぶつ)とは?

「残置物」は、「ざんちぶつ」と読みます。あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、前の入居者が残していった様々な物品を指します。

代表的な例として、エアコン、冷蔵庫、照明などがあります。ただし、残置物は物件に取り付けられた「設備」とは異なり、処理方法も異なるため、注意が必要です。前の入居者が買主の承諾を得て残したものは、一般的には買主の所有物と見なされます。

他にも、私物や生活用品、ゴミ、家具(机やタンス、ソファー)、家電製品(洗濯機、テレビ、ガスコンロ)、日用品(食器や布団、衣類)、趣味用品(カメラやゴルフ用品)、付帯設備などがあります。

残置物がない方が高く早く売れます

結論から申し上げれば、残置物がない方が良いです。

不動産売却時に残置物がある場合、基本的には売主がその処分を担当しますが、処分にかかる費用は売主に請求可能です。ただし、賃貸の場合は、残置物の所有権は売主ではなく元住人にあるため、勝手に処分すると器物破損罪に問われる可能性がありますので注意です。必ず元住人に残置物の必要性や不要性を確認する必要があります。

建物の状態と販売にかかる時間

田舎暮らし向きの中古住宅や別荘といった物件は、建物が古く、リフォームにかかるコストが高額になる場合、問い合わせが少なく売却には時間がかかることがあります。

しかしながら、その間に建物は更なる劣化を遂げてしまい、ますます売却が難しくなってしまうのが現実です。

残置物の影響

こうした物件の人気が低い一因は、建物内に残置物が多く存在することです。残置物が多いと、魅力が損なわれてしまうことが避けられません。

少量の高級家具が残っている場合には、逆に魅力や価値が向上する効果がありますが、通常では残置物の量が増えるほど売却への成功率が悪化することが考えられます。

一般的な物件でも同様の傾向

この問題は別荘に限らず、一般的な戸建てやマンションにも当てはまることです。残置物が少ないほど、生活感を感じづらく、高い評価で早期に売却される可能性が高まります。

生活感が強く出てしまうと、物件の古さを感じさせてしまうこともあるでしょう。また、残置物の撤去にはコストがかかり、その負担が誰にかかるのかという問題も検討すべき点です。

別荘売却したい方必見!高額売却成功へ大事なポイントなどを解説
別荘売却したい方必見!高額売却成功へ大事なポイントなどを解説
「別荘を売却したい」「別荘ってどうやって売るの?」そのように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 別荘を購入したものの、年齢が上がるにつれ利用しなく.....
不動産の売却について、何をしていいか分からなくて不安ではありませんか?
不動産の売却について、何をしていいか分からなくて不安ではありませんか?
不動産を購入することについてはイメージできますが、売却に関してはどうすればいいかわからない方が多いのではないでしょうか? それもそのはずで、不動産を売却するシチ.....

不動産売却での残置物に伴うトラブル

不動産売却時、残置物を残してしまうと次のようなトラブルが生じる可能性があります。

1. 古い付帯設備のトラブル

古いエアコンや照明器具などの付帯設備が残っている場合、後から故障する可能性や性能が事実と異なる可能性があります。

https://resort-bukken.com/img/blog_icon/imamura001.png
今村

エアコンは使うから残して欲しいというケースは多いと思いますが、いざ使ったら動作不良。こうなると、非常に揉めます・・・

2. 処分の許可を得ずに勝手に処分

残置物を許可なく勝手に処分すると、元住人からクレームが来たり法的トラブルが発生する可能性があります。

3. 任意売却における処分難

任意売却の場合、費用面やその他の制約から残置物の処分が難しくなる可能性があります。

これらのトラブルを避けるためにも、不動産売却時には残置物の適切な処理が欠かせません。

売主様へ伝えたいことと、不動産会社からのアプローチ

物は溜めすぎると処分に困りますよね。高額で売却を実現することを考え、別荘には普段からなるべく物を置かないことをお勧めいたします。

不動産会社側も売却依頼を受けた際に、できる限り残置物を減少させることが重要であることを売主にお伝えしましょう。

売却が成立するまでに、着実に処分作業を進めることを前もって指導していきましょう。

売主様も、売却を考え始めたときから、残置物処分の心の準備はしておきましょう。残置物処分によって、物件がより迅速に高値で売却される道を拓くことができるのです。

結果として、満足度の高い取引が実現できるでしょう。

もし、残置物撤去も含めて、別荘を手放したいという場合には、かなり安くなってしまいますが、不動産会社に買い取ってもらうのもスッキリしたい方には良い方法だと思います。

https://resort-bukken.com/img/blog_icon/imamura001.png
今村

売主が重い腰を上げるためには不動産会社の努力が必要になってきます。気持ちの良い売買成立、スムーズな流通を目指していきましょう。と思いたいくらいトラブルを良く耳にするのが残置物問題だったりします。

残置物撤去の他に、中古別荘、中古住宅の早期売却へのアドバイス

注意

物件の売却をお願いする不動産会社に、いなかも家探しに掲載をすること希望しましょう。

そしてその不動産会社に伝えることとしては、以下を伝えると早期売却の可能性が高まります。

 

 

この記事の著者

宅地建物取引士:今村 崇一
宅地建物取引士:今村 崇一
資格:宅地建物取引士
不動産会社に10年を超えて在籍し、Webの業務をこなしながら宅建の資格を取得。勤務中に色々なお客様の悩みや喜びの気持ちに接して来た経験を活かして、不動産売却(別荘売却)に少しでもお力になれるよう協力します。
売却するということは、お客様の目に留まる集客サイトが必要です。
このサイトに物件を掲載することが売却への早道になるよう努力し続けます。
ぜひ「いなかも家探し」に掲載してと不動産会社にお願いしましょう。
https://resort-bukken.com/

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング

  1. 1

    箱根・芦ノ湖の別荘地、なぜ人気?売り手と買い手のための完全ガイド

  2. 2

    建物図面・各階平面図・地積測量図・間取り図の取得方法と手数料

  3. 3

    【脱東京】移住先として人気の地方都市ランキング!特徴やおすすめもご紹介!

  4. 4

    那須町(那須高原)の別荘は売却できる?那須の別荘事情を徹底解説

  5. 5

    別荘売却したい方必見!(蓼科高原編)~蓼科高原の現地情報なども含めて解説~

  6. 6

    富士山が見える物件は実際どう?非日常が味わえる物件に住むメリットや注意点を紹介!

  7. 7

    中古の別荘ってどうなの?費用相場からメリット・デメリットまで紹介!

  8. 8

    温泉付き物件を売るなら今?温泉権やメリット・デメリットの注意点を徹底解説

  9. 9

    古民家の魅力について解説!今注目を集めている理由とは?

  10. 10

    山中湖村で別荘を売却したい方必見!~山中湖村の現地情報も含めて解説~

最近の記事

  1. 別荘売却のチャンス!十里木南富士別荘地での需要と高値で売れるタイミング

  2. 箱根・芦ノ湖の別荘地、なぜ人気?売り手と買い手のための完全ガイド

  3. 外壁塗装の「基礎」から「業者の選び方」まで解説!初心者まるわかりの完全ガイド!

  4. 冬の寒冷地における凍結対策!「水抜き」の手順と重要性を解説

  5. 美しの国別荘地の物件売却:成功のための完全ガイド

  6. 温泉付き物件を売るなら今?温泉権やメリット・デメリットの注意点を徹底解説

  7. 知っておきたい!田舎暮らしでかかる費用と節約テクニック

  8. 「再建築不可物件」って何? 今知らないと後悔する、メリット・デメリットまとめ!

特集記事 おすすめ記事 おすすめ記事2
  1. 別荘売却したい方必見!高額売却成功へ大事なポイントなどを解説

  2. 田舎暮らし物件の売却査定の相談にオススメな不動産会社

  3. 不動産の売却について、何をしていいか分からなくて不安ではありませんか?

  4. 「再建築不可物件」って何? 今知らないと後悔する、メリット・デメリットまとめ!

  5. 不動産売却とは?売却のタイミングや成功させるポイントも解説!

  6. インスペクション(住宅診断)ってやっておくべき?

  1. 「再建築不可物件」って何? 今知らないと後悔する、メリット・デメリットまとめ!

  2. 田舎暮らし物件の売却査定の相談にオススメな不動産会社

  3. 不動産の売買契約で、特に確認すべきポイントは?

  4. 北杜市で別荘を売却したい方必見!~北杜市の現地情報も含めて解説~

  5. 不動産の査定をする場合に使用される3つの算定方法とは?

  6. 別荘を高く売りたい方必見!売れない理由と効率よく売却するポイントを解説

  1. 不動産取引における買付証明書ってなに?

  2. 千葉県の田舎暮らしってどうなの?土地の選び方とおすすめ移住先3選!

  3. 那須町(那須高原)の別荘は売却できる?那須の別荘事情を徹底解説

  4. 別荘売却したい方必見!(八ヶ岳編)~八ヶ岳の現地情報なども含めて解説~

  5. 別荘売却したい方必見!(軽井沢編)~軽井沢の現地情報なども含めて解説~

  6. 安曇野の不動産売却でオススメなサイトは?(別荘売却も)

TOP