テレワークで地方移住はあり?国が進めるテレワーク移住で地方創生の実態

田舎暮らしや地方の魅力

オフィスに出勤せずに働くテレワークが普及した影響で、地方移住が注目されています。

 

勤務先にテレワークが導入されれば、通勤のために勤務先の近くに住んだり、満員電車に揺られたりといった生活を変えることができます。実際、テレワークを機に地方移住を考えている人は多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、テレワークによる地方移住の実態について解説していきます。

「テレワークで地方移住は可能なのか?メリット・デメリットは?」

「テレワークで地方移住を成功させるポイントを知りたい」

このような疑問がある人は、参考にしてみてください。

 

テレワークで地方移住は加速する?国が進める地方創成とは

時間や場所にとらわれず柔軟に働けるテレワークの普及により、地方移住が注目されています。

東京と地方の二拠点生活を送る人から、地方に完全移住して田舎暮らしをする人まで。テレワークと移住によって誕生した新しいライフスタイルは、さまざまな形で波及しています。

なぜ、ここまで地方移住が注目されているのでしょうか。この背景には、「東京一極集中状態を改善し、地方の活性化を目指したい」という国の狙いがあります。

 

内閣府は「地方創成テレワーク」と題した施策を打ち出し、企業や自治体にテレワークの導入を促しています。なぜなら地方創生には、地方産業の創出と産業の担い手が必要だから。そこでテレワークで転職なし移住や二拠点生活を推進し、地方に人が集まるよう働きかけているのです。

 

また、現在東京23区内に在住・通勤している人が東京圏外へ移住すれば、最大100万円の移住支援金を受け取れる制度もあります。

 

移住支援制度については、「【移住支援制度】最大300万円!?国の支援金や自治体の制度まとめ」をご覧ください。

【移住支援制度】最大300万円!?国の支援金や自治体の制度まとめ
【移住支援制度】最大300万円!?国の支援金や自治体の制度まとめ
地方への移住には、先立つものが必要です。 せっかく移住するのであれば、できる限り手厚い支援を受けられる自治体に住みたいですよね。そこで今回は、田舎や地方への移住.....

このように、企業や自治体にはテレワーク導入が呼びかけられ、働く人には移住しやすい支援策が用意されています。今後もテレワークと移住支援の輪がどんどん広がっていけば、個人の需要は今以上に増えていくのではないでしょうか。

 

現時点では国が主導している地方創生テレワークですが、今後地方移住の流れは少しずつ広がっていくはず。地方移住を考えている人にとっては、支援が充実している今は移住に適した絶好のタイミングかもしれません。

 

移住計画については、「移住計画を成功させる重要ポイントとは?失敗しない計画の立て方を解説」をご覧ください。

移住計画を成功させる重要ポイントとは?失敗しない計画の立て方を解説
移住計画を成功させる重要ポイントとは?失敗しない計画の立て方を解説
「田舎や地方への移住を考えているけど、移住して後悔したくない」 リモートワークの増加や移住促進制度の拡充によって、移住を考えている人もいるでしょう。とはいえ、知.....

テレワークで地方移住をするメリット

テレワークの普及や移住支援が進んだとしても、住んでいる場所を変えるには勇気がいりますよね。

 

そこで、ここではテレワークによって地方移住するメリットを以下にまとめました。

<メリット>

  • 家計の負担軽減:住居費を下げられる
  • 移住費用の負担軽減:東京23区から東京圏外への移住であれば最大100万円が出る「移住支援金」など、移住に関する支援金や補助金を利用できる可能性がある
  • 通勤環境の改善:通勤ラッシュや長い通勤時間からの解放
  • 住環境の改善:慣れ親しんだ地元や憧れの地方で暮らせる、子育てに適した環境で暮らせる

 

上記のうち、特に大きなメリットは家計の負担を軽減する住居費の削減でしょう。

 

テレワークで転職せずに地方に移住すれば、収入を維持したまま住居費を大幅に削減できます。地方であれば、都内の人気エリアでは望めない庭付き・駐車場付きの一戸建てに住むことも容易です。以前よりも安い住居費で広い家に住み、家計にも暮らしにもゆとりを持てるようになれば、生活レベルは大きく向上するのではないでしょうか。

 

テレワークで地方移住をするデメリット

一方、テレワークでの地方移住には以下のようなデメリットもあります。

<デメメリット>

  • 通勤時に不便:会社によってはテレワークでも時々出社が必要なケースがあるため、出社時に時間がかかる可能性がある
  • 移住後の生活は未知数:移住後の生活環境が必ずよくなる保障はなく、住み始めてからわかることも多い
  • 家族の問題がある:親はテレワークで仕事環境は変わらなくても、家族(子ども)は通勤・通学環境や人間関係に影響が出る可能性もある
  • 地方ではマイカーが必須:免許や車の取得が必要。また、買い物できる場所が少ないといった不便さもある

 

こうしたデメリットを少しでも緩和するためには、移住前の現住居と移住後の住居が離れすぎないようにしましょう。

 

テレワークでも、たまにオフィスへの出社が必要な企業は多いです。いくら時々のこととはいえ、自宅から3時間もかかるような場所へ出向くのは負担が大きいです。また、子どもや配偶者の移住前の人間関係もあります。移住前の場所でできた友人とも引き続き繋がっていられるよう、移住前の場所からできる限り近く、オフィスには1時間~2時間以内で行ける場所に住むのがいいでしょう。

移住先の人気ランキングについては、「【脱東京】移住先として人気の地方都市ランキング!特徴やおすすめもご紹介!」をご覧ください。

【脱東京】移住先として人気の地方都市ランキング!特徴やおすすめもご紹介!
【脱東京】移住先として人気の地方都市ランキング!特徴やおすすめもご紹介!
「地方移住に興味があるけど、移住先選びで悩んでいる」 「人気の移住先を見て参考にしたい」 コロナ禍のリモートワークや、東京圏からの地方移住で最大100万円(単身.....

テレワークによる地方移住を成功させるポイント

テレワークによる地方移住を成功させるためには、以下のポイントに気をつけてください。

check!

  • たまの出勤や出張に備えること、移住前の人間関係を維持するためにも、今のオフィスまで1時間~2時間以内で行ける地域で移住先を見つける
  • 移住前にお試し移住や週末移住を繰り返し、移住先との相性を見極める
  • 移住前に現地の不動産会社や実際に移住した人に話を聞き、地域情報を調査する
  • 移住支援や補助金を積極的に活用し、移住費用を抑える

 

今の住居から離れすぎない地域で移住先を見つけること、そして移住前に現地調査や支援・補助金調査を徹底して行うことがポイントです。

 

移住先の現地情報や物件情報については、いなかも家探しも活用してみてください。田舎物件に特化した不動産会社で、現地ならではの情報を聞くことができます。

まとめ

東京に人口が集中している状態を少しでも改善するため、国は企業や自治体に向けて「地方創生テレワーク」を呼びかけています。

地方創生テレワークとは、地域産業を活性化させるためのテレワーク導入を促すもの。実際に地方創成に繋がるテレワーク導入やサテライトオフィスを設置すれば補助金を受け取れるケースもあり、前向きにテレワークを検討する企業は増えています。

 

テレワークの実施により、働く人にとってはオフィスの場所にとらわれない柔軟な働き方やライフスタイルを送れるようになります。東京23区からの移住で最大100万円の移住支援金を受け取れる支援制度もあり、支援が充実している今は地方移住する絶好のタイミングと言えるのではないでしょうか。

 

企業にとっても自治体にとっても、働く人にとっても充分なメリットと支援がある地方移住。地方移住には家計の負担を改善するだけではなく、ゆとりのある環境でのびのび暮らせるという精神的なメリットもあります。勤務先でテレワークが導入されて地方移住が気になっている人は、この機会に今後の生活を考えてみてはいかがでしょうか。

 

地方移住を考えたときは、田舎物件の情報が充実しているいなかも家探しをご覧ください。

この記事の著者

宅地建物取引士:今村 崇一
宅地建物取引士:今村 崇一
資格:宅地建物取引士
不動産会社に10年を超えて在籍し、Webの業務をこなしながら宅建の資格を取得。勤務中に色々なお客様の悩みや喜びの気持ちに接して来た経験を活かして、不動産売却(別荘売却)に少しでもお力になれるよう協力します。
売却するということは、お客様の目に留まる集客サイトが必要です。
このサイトに物件を掲載することが売却への早道になるよう努力し続けます。
ぜひ「いなかも家探し」に掲載してと不動産会社にお願いしましょう。
https://resort-bukken.com/

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング

  1. 1

    建物図面・各階平面図・地積測量図・間取り図の取得方法と手数料

  2. 2

    【脱東京】移住先として人気の地方都市ランキング!特徴やおすすめもご紹介!

  3. 3

    「実印」「印鑑証明」が見つからないと焦る前に読む備忘録(マンション売却にも別荘売却にも)

  4. 4

    那須町(那須高原)の別荘は売却できる?那須の別荘事情を徹底解説

  5. 5

    安曇野の不動産売却でオススメなサイトは?(別荘売却も)

  6. 6

    古民家の魅力について解説!今注目を集めている理由とは?

  7. 7

    別荘売却したい方必見!(蓼科高原編)~蓼科高原の現地情報なども含めて解説~

  8. 8

    別荘の暖房器具はどうする?別荘の冬を魅力的に演出する暖房器具の選び方

  9. 9

    田舎物件を購入する際の注意点とは?

  10. 10

    媒介契約とは?3つの種類の違いと仲介手数料のしくみ

最近の記事

  1. 安曇野の不動産売却の流れがわかった!売れる決め手がそこにある!?

  2. 田舎暮らし物件の売却査定の相談にオススメな不動産会社

  3. 建ぺい率と容積率ってなに?知っておくべき建築基準法での規制と緩和について

  4. 道路には種類がある?不動産の価値を決める接道状況 とは

  5. 不動産取引における買付証明書ってなに?

  6. 古民家物件は実際どうなの?メリット・デメリットや注意点から探し方までを紹介!

  7. 海の見える中古物件で理想の暮らしを実現?メリット・デメリットと併せて解説

  8. 富士山が見える物件は実際どう?非日常が味わえる物件に住むメリットや注意点を紹介!

特集記事 おすすめ記事 おすすめ記事2
  1. 別荘売却したい方必見!~売却するときのポイントなどを解説~

  2. 不動産の売却について、何をしていいか分からなくて不安ではありませんか?

  3. 田舎暮らし物件の売却査定の相談にオススメな不動産会社

  4. 不動産売却とは?売却のタイミングや成功させるポイントも解説!

  5. 別荘を購入したい方必見!魅力と注意点を解説!

  1. 田舎暮らし物件の売却査定の相談にオススメな不動産会社

  2. 不動産の売買契約で、特に確認すべきポイントは?

  3. 不動産の査定をする場合に使用される3つの算定方法とは?

  4. 別荘を高く売りたい方必見!売れない理由と効率よく売却するポイントを解説

  5. インスペクション(住宅診断)ってやっておくべき?

  6. 不動産の売却で売り主にかかる諸費用や税金は?

  1. 不動産取引における買付証明書ってなに?

  2. 千葉県の田舎暮らしってどうなの?土地の選び方とおすすめ移住先3選!

  3. 那須町(那須高原)の別荘は売却できる?那須の別荘事情を徹底解説

  4. 別荘売却したい方必見!(八ヶ岳編)~八ヶ岳の現地情報なども含めて解説~

  5. 別荘売却したい方必見!(軽井沢編)~軽井沢の現地情報なども含めて解説~

  6. 安曇野の不動産売却でオススメなサイトは?(別荘売却も)

TOP