那須町(那須高原)の別荘は売却できる?那須の別荘事情を徹底解説

不動産売却の相談・方法

那須町(那須高原)に別荘を持っているけれど、最近利用する回数が減ってきた。売却できるだろうか

那須町に別荘を持っているものの使用頻度が減り、売却を考えている人もいるでしょう。しかし、バブル崩壊後別荘の売却は年々難しくなっていて、売りたくても売れないという売主のニュースを見聞きすることもあります。

 

ところが今、那須町の別荘需要に変化が起きています。売却を考えている人は、じわじわと人気が高まっている今こそ売却を検討する良いタイミングです。

本記事では那須町の魅力を改めて振り返りながら、今人気の中古別荘について解説していきます。那須町で別荘売却を考えている人は、参考にしてみてください。

今村
今村

那須の別荘の売却ができるのか?と聞かれれば、できるの割合が高いです。
東京に住んでいる方でしたら、まずは品川区にある日本マウントにご相談ください。
長年の不動産売買実績から答えが導き出されると思います。まずは任せてみてください。

別荘の売却を特に得意とし、10年以上の実績がある不動産会社です。
 別荘の売却はこちらから

弊社は那須エリア(那須町、那須塩原市)を特に得意としていますのでお任せください。
相続案件、移住、二拠点居住、売れない物件に困った時は日本マウントにご相談ください。

今村
石倉
(日本マウント代表取締役社長)

 

那須ハートフルファーム

人気リゾート地、那須町(那須高原)の別荘需要が高まっている

那須町・那須高原といえば、皇族の御用邸もあるロイヤルリゾート。伝統と格式のあるリゾート地として、古くから人気があります。

 

しかし日本は現在少子高齢化が進み、別荘の買い手そのものが少なくなっています。人気リゾート地の那須町でも、バブル崩壊後は別荘の売却が難しくなっていると言われてきました。

 

ところが現在、30代~40代の若年層から、那須町にある別荘の需要がじわじわと高まっているのです。ここにきて若年層から別荘需要が高まっている理由は、コロナ禍における旅行スタイルと働き方の変化です。

 

新型コロナウイルスの感染流行により、旅行スタイルは「人気観光地を巡るスタイル」から「人混みを避け、リゾート地でゆったり過ごすスタイル」に変化しつつあります。また、テレワークが浸透したことで、東京を離れ地方移住する人や二拠点生活をする人が増えました。つまり人との接触を避け、都会にこだわらずゆったり過ごしたいと思う人が増えているため、地方のリゾート物件が注目を浴びているのです。

 

今や別荘の購入動機は「余暇を楽しむ場所」から「二拠点生活や移住するための場所」に変化しつつあります。すでに那須町では、移住者やテレワーク利用者を呼び込むために「ふるさと定住課 リビングシフト推進室 定住促進係」が設置され、積極的な移住を呼びかける活動を始めています。那須町は東京にも近く、移住や二拠点生活を考えやすい土地です。今後も別荘購入を考える人は増えていくでしょう。

 

したがって、那須町に別荘を持っている人は、今こそ売却を考える絶好のタイミングと言えるでしょう。

別荘売却に関する情報については、「別荘売却をする際に確認しておくこととは?別荘売却時の悩みを解決!」の記事もぜひご覧ください。

別荘売却をする際に確認しておくこととは?別荘売却時の悩みを解決!
別荘売却をする際に確認しておくこととは?別荘売却時の悩みを解決!
「別荘を売却したいけどできるだろうか?」「上手に売却するコツって?」そのような悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。 別荘を利用しなくなった、管理費が思ったよ.....
別荘を購入したい方必見!魅力と注意点を解説!
別荘を購入したい方必見!魅力と注意点を解説!
「別荘を購入したい!」そう思われている方もいらっしゃるでしょう。 別荘の需要は高まりつつあり、購入を決断する方も増えています。 しかし、別荘購入は、通常の住宅と.....

那須町(那須高原)の魅力

若年層からの別荘需要が高まっている那須町は、栃木県北部にある県内有数の別荘地・観光地です。

 

中でも雄大な那須連山のふもとにある高原エリアは「那須高原」とも呼ばれるリゾートエリアで、数多くの別荘が並んでいます。

 

自然の中で豊富なアクティビティを楽しめる他、数多くの史跡やテーマパークもある那須町。夏は避暑地として、冬は温泉郷としての姿があり、季節ごとの印象が大きく違う点も魅力です。東京からのアクセスの良さも相まって、別荘地としてだけではなく、二拠点生活の場としても注目されています。

 

ここでは、こうした那須町の魅力を改めて見ていきましょう。

 

那須町(那須高原)の魅力(1)豊富なアクティビティと史跡

那須町には豊富なアクティビティや史跡があるため、大人も子どもも飽きずに楽しめる点が魅力です。

 

子どもがいる人は川遊びやキャンプで自然に親しみながら、時にはテーマパークでアトラクションに乗ることも。一方、大人はゴルフやテニスで軽く体を動かしたり、歴史を感じる史跡巡りに出かけたり。酪農が盛んな地域でもあるため、高品質な乳製品を食べに行く楽しみもあります。また観光スポットも多く、四季を通じてお出かけする場所に困りません。

 

自然が豊富で落ち着いた土地柄でありながら出かけられる場所がたくさんあるのは、移住者や二拠点生活者にとっても大きな魅力となるはずです。

 

那須町(那須高原)の魅力(2)夏は避暑地、冬は温泉

夏は避暑地として、冬は温泉郷として、季節によって違う楽しみ方ができるのも那須町の魅力の一つです。

 

那須町は標高が高く、特に高原エリアの那須高原は冷涼な空気が特徴の避暑地です。湿度が高く湿った空気がまとわりつく都会の夏と違い、那須町の夏は湿度が低いです。夏の暑さに弱い人でも、さらっとした空気で快適に過ごせるでしょう。また、毎年夏に行われる那須高原りんどう湖ファミリー牧場の花火大会は、夏の風物詩として涼やかな那須町の夜を彩ってくれます。

 

一方、冬になると豊富な積雪が那須町の街を真っ白の世界に一変させます。昼間はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しめて、夜は雪景色の中でゆったり温泉につかれるのも、雪が積もりやすい高原エリアならではでしょう。

 

もちろん、春にはいちご狩りや牧場の散策、秋には雄大な山々の紅葉を望みながら登山という楽しみもあります。売却する季節がいつであってもアピールできるポイントがあるのです。

 

那須町(那須高原)の魅力(3)東京から2時間弱

東京からのアクセスの良さも、欠かせない魅力の一つです。

 

いくら魅力的な別荘でも、自宅からあまりにも離れていると行くのが億劫になるもの。その点、那須町は東京から車で2時間程度、新幹線を使えば東京駅から1時間ちょっとで那須塩原駅に到着する距離です。

 

特に二拠点生活で東京と行き来する人にとっては、仕事があるときに「東京に行きやすいかどうか」は欠かせません。何かあったときにすぐ東京に行ける距離であること、新幹線を使えることは、セカンドハウスとしての購入を考えている若年層にもアピールできるポイントではないでしょうか。

 

那須町(那須高原)で人気の中古別荘とは

那須町(那須高原)には多くの魅力があり、別荘需要も高まっていることをお話ししてきました。

 

特に若年層から需要があるのは、1000万円~2000万円程度で購入できる中古別荘です。中古別荘はすでに物件が完成している状態なので暮らしのイメージがしやすく、すぐ入居できる点が好まれます。若い世代にとっては、DIYやリフォームで自分好みの物件に仕上げられる点もメリットになります。

 

「中古でも売れるの?」と不安に思う人も、一度査定に出してみるといいでしょう。また、単身移住を考えている層には、設備が整っていて住みやすいリゾートマンションが好まれます。リゾートマンションについても、まずは一度相談してみることをおすすめします。

 

若年層の需要が増えている一方で、従来の購入者層であるシニア世代からの需要がなくなったわけではありません。シニア世代には、温泉引き込み物件が人気です。冬季期間は積雪があるため、二重ガラスなど防寒対策もしっかりした別荘も好まれるでしょう。

 

 

ただ世代によって好まれるポイントは異なりますし、需要も多様化しているため、一概にどんな物件なら売却できるとは言えません。

 

まずは物件を査定してみて、相場を見てみることから始めましょう。テレワークの影響でリゾート物件に注目が集まっている今こそ、売却を考える最適なタイミングです。

 

まとめ

バブル崩壊以降、少子高齢化によって別荘の売却が難しくなっていることが叫ばれてきました。人気リゾート地の那須町も例外ではなく、「人気はあるけど別荘は売れない」というイメージを持っている人も多くいらっしゃるでしょう。

 

ところが新型コロナウイルスの感染拡大によって、ここ数年は別荘の購入需要に変化が見られています。コロナ以降、旅行スタイルは人混みだらけの観光地巡りから、人が少ないリゾート地でゆったり過ごす形になりました。テレワークの普及により、都会で働くことに固執せず、拠点を複数持つ働き方が出てきました。今までとは異なる価値観が生まれたことで、今リゾート地の物件が注目を集めているのです。

 

中でも、東京から1時間~2時間で行けるアクセスの良さから、那須町は二拠点生活を希望する人や東京からの移住者に高い需要があります。注目度が高まり需要も増えている今は、売却を検討するのであれば絶好のタイミングと言えるでしょう。

 

那須町(那須高原)で別荘売却を考えている人は、地域情報に詳しく多数の販売実績がある日本マウントをご利用ください。

この記事の著者

宅地建物取引士:今村 崇一
宅地建物取引士:今村 崇一
資格:宅地建物取引士
不動産会社に10年を超えて在籍し、Webの業務をこなしながら宅建の資格を取得。勤務中に色々なお客様の悩みや喜びの気持ちに接して来た経験を活かして、不動産売却(別荘売却)に少しでもお力になれるよう協力します。
売却するということは、お客様の目に留まる集客サイトが必要です。
このサイトに物件を掲載することが売却への早道になるよう努力し続けます。
ぜひ「いなかも家探し」に掲載してと不動産会社にお願いしましょう。
https://resort-bukken.com/

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング

  1. 1

    建物図面・各階平面図・地積測量図・間取り図の取得方法と手数料

  2. 2

    「実印」「印鑑証明」が見つからないと焦る前に読む備忘録(マンション売却にも別荘売却にも)

  3. 3

    【脱東京】移住先として人気の地方都市ランキング!特徴やおすすめもご紹介!

  4. 4

    建築確認済証と検査済証、紛失した時には?無くしても良い?

  5. 5

    田舎物件を購入する際の注意点とは?

  6. 6

    別荘売却したい方必見!(蓼科高原編)~蓼科高原の現地情報なども含めて解説~

  7. 7

    古民家の魅力について解説!今注目を集めている理由とは?

  8. 8

    那須町(那須高原)の別荘は売却できる?那須の別荘事情を徹底解説

  9. 9

    山中湖村で別荘を売却したい方必見!~山中湖村の現地情報も含めて解説~

  10. 10

    田舎暮らし物件の売却査定の相談にオススメな不動産会社

最近の記事

  1. 用途制限地域とは?13の種類と法規制について

  2. ペンション・旅館を売却したい!買いたい方(購入希望者)がここにいますよ!

  3. 市街化区域と市街化調整区域の違いって?知っておいたほうが良い3つの区域

  4. 安曇野の不動産売却の流れがわかった!売れる決め手がそこにある!?

  5. 田舎暮らし物件の売却査定の相談にオススメな不動産会社

  6. 建ぺい率と容積率ってなに?知っておくべき建築基準法での規制と緩和について

  7. 道路には種類がある?不動産の価値を決める接道状況 とは

  8. 不動産取引における買付証明書ってなに?

特集記事 おすすめ記事 おすすめ記事2
  1. 北杜市で別荘を売却したい方必見!~北杜市の現地情報も含めて解説~

  2. インスペクション(住宅診断)ってやっておくべき?

  3. 別荘売却したい方必見!高額売却成功へ大事なポイントなどを解説

  4. 別荘を購入したい方必見!魅力と注意点を解説!

  5. 不動産の売却について、何をしていいか分からなくて不安ではありませんか?

  6. 不動産売却とは?売却のタイミングや成功させるポイントも解説!

  1. 田舎暮らし物件の売却査定の相談にオススメな不動産会社

  2. 不動産の売買契約で、特に確認すべきポイントは?

  3. 北杜市で別荘を売却したい方必見!~北杜市の現地情報も含めて解説~

  4. 不動産の査定をする場合に使用される3つの算定方法とは?

  5. 別荘を高く売りたい方必見!売れない理由と効率よく売却するポイントを解説

  6. インスペクション(住宅診断)ってやっておくべき?

  1. 不動産取引における買付証明書ってなに?

  2. 千葉県の田舎暮らしってどうなの?土地の選び方とおすすめ移住先3選!

  3. 那須町(那須高原)の別荘は売却できる?那須の別荘事情を徹底解説

  4. 別荘売却したい方必見!(八ヶ岳編)~八ヶ岳の現地情報なども含めて解説~

  5. 別荘売却したい方必見!(軽井沢編)~軽井沢の現地情報なども含めて解説~

  6. 安曇野の不動産売却でオススメなサイトは?(別荘売却も)

TOP