不動産売却の流れを解説!~売り出すまでの準備から物件の引渡しまで~

不動産売却の相談・方法

住み替えや相続などの理由から、不動産を売却したいと考えている人がいるのではないでしょうか?

しかし、不動産に馴染みのない人の場合、不動産を売却する流れがわからず不安に感じる人も多いでしょう。

そこで今回は、不動産売却の流れを解説していきます。物件を売り出すまでの準備から、物件の引渡しまでの流れをご紹介しますので、不動産の売却を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

別荘売却したい方必見!高額売却成功へ大事なポイントなどを解説
別荘売却したい方必見!高額売却成功へ大事なポイントなどを解説
「別荘を売却したい」「別荘ってどうやって売るの?」そのように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 別荘を購入したものの、年齢が上がるにつれ利用しなく.....

 

不動産売却の流れ

不動産に馴染みのない人の場合、不動産を売却するときに何から始めたら良いのか、何を準備したら良いのかわかりにくいですよね。ここでは、不動産売却の流れについて解説します。不動産を売却しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

物件を売り出すまでの準備

不動産を売却しようか悩んでいる人は、まず売り出す前の準備から始めるとよいでしょう。ここでは、物件を売り出す前に考えるべきことなどをご紹介します。

売却する理由・目的を明確にする

不動産を売却しようか悩んでいる場合、まずは「なぜ不動産を売却したいのか」という理由を考えてみましょう。たとえば、相続で不動産を取得したけれど管理が難しいので手放したい、現在の自宅からの住み替えを検討している、まとまった資金が必要になった等の理由が挙げられます。

不動産を売却する理由や目的によって、「いつまでに・どの程度の金額が必要か」などの条件が変わるため、取るべき戦略が異なります。また、売却以外の選択肢が見つかる可能性もあるでしょう。

不動産を売却しようか考え始めた人は、売却する理由・目的を明確にすることから始めることをおすすめします。

売却の希望条件

実際に売却に向けて行動する前に、自身の希望条件をまとめておくことをおすすめします。特に、不動産売却で得たお金の使い道が決まっている場合は、「いつまでに・どの程度の金額を希望するか」を明確にしておく必要があるでしょう。

不動産会社に査定依頼をする前に、自身でも周辺相場を調べておくとよいでしょう。不動産ポータルサイトを利用すれば、現在販売されている物件情報を確認することができます。ただし、似ている物件があるからといって、自身の物件もその販売価格で売れるとは限らないので注意しましょう。

売却以外の選択も考える

売却したい理由や目的によっては、売却以外の方法が見つかるかもしれません。たとえば、住み替えをしないで自宅をリフォームする、売却せずに賃貸にして家賃収入を得るなどの方法が考えられます。「売却」が最適な方法であるかどうか、自身の暮らしも含めて総合的に判断するとよいでしょう。

不動産売却とは?売却のタイミングや成功させるポイントも解説!
不動産売却とは?売却のタイミングや成功させるポイントも解説!
不動産を売却するのであれば、自身の希望する条件で売却できるのが理想ですよね。しかし、不動産を売却しようと考えている人の中には、どのようにすれば成功させることがで.....

 

不動産会社に相談する

不動産の売却を考えている人は、まずは不動産会社に相談しましょう。ここでは、不動産会社への売却相談の流れを解説します。

物件に関する各種書類を準備する

check!

  • 登記事項証明書
  • 固定資産税納税通知書
  • 間取り図
  • 地積測量図
  • 各階平面図 など

物件に関する書類がない状態で不動産会社に相談することも可能ですが、あらかじめ書類を準備しておいた方がスムーズに話が進むでしょう。

実店舗・ネットから問い合わせ

不動産会社に売却相談をするときは、事前に予約をしておくことをおすすめします。実店舗に電話などで直接問い合わせる、もしくはネットから問い合わせを行いましょう。

査定依頼

売却したい不動産の資産価値を知るため、不動産会社に査定依頼を行いましょう。不動産会社から提示される査定内容を基に、販売条件を決めていく流れになります。

なお、査定依頼をするときには、必ず複数の不動産会社を比較検討することをおすすめします。不動産会社によって査定価格や販売方法、売却方針などが異なるからです。売却を依頼する不動産会社を決めるときには複数社を比較し、総合的に判断するとよいでしょう。

 

不動産会社と媒介契約を結ぶ

どの不動産会社に売却活動を依頼するか決めたら、媒介契約を結びます。媒介契約とは、不動産の売却を依頼する不動産会社と、販売条件や売却方法などを決めるための契約です。媒介契約を結ぶ際には、必ず内容を理解した上で契約しましょう。わからないことがあれば、契約前にきちんと確認することが大切です。

なお、媒介契約には一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約の3種類があります。3種類の主な特徴は下記表の通りです。不動産売却の目的や自身の状況などに合わせて、種類を選ぶとよいでしょう。

 

不動産売却の活動開始

媒介契約を結んだ後、不動産売却の活動が開始されます。基本的には、媒介契約を結んだ不動産会社が、物件を売却するための販売活動を行っていきます。

広告などから問い合わせを受けた不動産会社が、物件の案内を行います。内見から受ける印象は購買意欲に影響を与えるため、できる限りキレイな状態を保つようにしておきましょう。

 

買主と不動産売買契約を締結

購入希望者から「買付証明書(購入申込書)」を受け取り、売主・買主ともに価格や引渡しなどの諸条件に合意したら契約へと進みます。

契約時に必要なもの

check!

  • 本人確認書類
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 収入印紙
  • 固定資産税納税通知書
  • 登記識別情報(または登記済権利証)
  • 仲介手数料(半金)

不動産売買契約時に売主が準備する主なものは上記の通りです。基本的には、不動産会社から指示があったものを準備するとよいでしょう。

契約当日の流れ

check!

  • 必要書類の確認
  • 重要事項説明
  • 売買契約の締結
  • 書類に署名・押印
  • 本人確認
  • 手付金の授受

契約当日の大まかな流れは上記の通りです。当日の流れの中で不安に感じることがあれば、不動産会社に確認しておきましょう。

 

物件の引渡しと決済の注意点

契約時に定めた条件で、決済・引渡しが行われます。買主から残代金が支払われたら、物件の引渡しになります。

決済・引渡しまでにやるべきこと

決済・引渡しの日までに、買主に引き渡せる状態にしておきましょう。住み替えの場合は引越しを完了させる、隣地との境界を確定するために測量を依頼する、抵当権がある場合は抹消のための準備することなどが考えられます。「どのような状態で引き渡すか」については契約時に定めているはず。わからないことがあれば、不動産会社に確認するとよいでしょう。

決済・引渡し当日の流れ

check!

  • 司法書士に登記申請手続き
  • 残代金の支払い・固定資産税の精算など
  • 物件の引渡し

決済・引渡し当日の大まかな流れは上記の通りです。引渡しをスムーズに終えるためにも、買主に渡す書類や決済時に必要な書類は早めに準備しておくことをおすすめします。

 

不動産売却後の確定申告も忘れずに

不動産売却後は、毎年2月中旬~3月中旬に行われる確定申告を忘れずに行いましょう。不動産売却で利益を得た人・損失がある人、それぞれ要件を満たしていれば適用できる特例がありますが、確定申告をしなければ恩恵を受けることができません。ですから、確定申告ができるように早めに書類などを準備しておくことをおすすめします。

確定申告に必要なもの

check!

  • 源泉徴収票(会社員の方)
  • 登記事項証明書
  • 不動産を取得したときの書類
  • 不動産を売却したときの書類
  • 確定申告書 など

税制上の特例を受けたい場合は、特例の種類によって必要な種類が異なります。詳しくは、税務署に確認するとよいでしょう。

 

まとめ

check!

  • 物件を売り出す前の準備
  • 不動産会社に売却相談
  • 不動産会社と媒介契約を結ぶ
  • 不動産売却の活動開始
  • 買主と不動産売買契約を締結
  • 物件の決済・引渡し
  • 不動産売却後の確定申告

不動産売却の大まかな流れは上記の通りです。不動産売却で失敗したいためには、一連の流れを把握しておくことが大切でしょう。

なお、不動産売却を成功させるためには、不動産会社選びが非常に重要です。地方にある不動産の売却を検討している人は、不動産売却サイト「いなかも家探し」の利用がおすすめです。いなかも家探しは地方の物件を中心とした不動産売却実績が豊富ですので、不動産の売却を検討している人は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事の著者

宅地建物取引士:今村 崇一
宅地建物取引士:今村 崇一
資格:宅地建物取引士
不動産会社に10年を超えて在籍し、Webの業務をこなしながら宅建の資格を取得。勤務中に色々なお客様の悩みや喜びの気持ちに接して来た経験を活かして、不動産売却(別荘売却)に少しでもお力になれるよう協力します。
売却するということは、お客様の目に留まる集客サイトが必要です。
このサイトに物件を掲載することが売却への早道になるよう努力し続けます。
ぜひ「いなかも家探し」に掲載してと不動産会社にお願いしましょう。
https://resort-bukken.com/

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング

  1. 1

    別荘売却のチャンス!十里木南富士別荘地での需要と高値で売れるタイミング

  2. 2

    建物図面・各階平面図・地積測量図・間取り図の取得方法と手数料

  3. 3

    箱根・芦ノ湖の別荘地、なぜ人気?売り手と買い手のための完全ガイド

  4. 4

    那須町(那須高原)の別荘は売却できる?那須の別荘事情を徹底解説

  5. 5

    【脱東京】移住先として人気の地方都市ランキング!特徴やおすすめもご紹介!

  6. 6

    富士山が見える物件は実際どう?非日常が味わえる物件に住むメリットや注意点を紹介!

  7. 7

    中古の別荘ってどうなの?費用相場からメリット・デメリットまで紹介!

  8. 8

    「実印」「印鑑証明」が見つからないと焦る前に読む備忘録(マンション売却にも別荘売却にも)

  9. 9

    冬の寒冷地における凍結対策!「水抜き」の手順と重要性を解説

  10. 10

    長野県で田舎暮らししたい!人気の市町村・エリアごとの特徴まとめ

最近の記事

  1. 別荘売却のチャンス!十里木南富士別荘地での需要と高値で売れるタイミング

  2. 箱根・芦ノ湖の別荘地、なぜ人気?売り手と買い手のための完全ガイド

  3. 外壁塗装の「基礎」から「業者の選び方」まで解説!初心者まるわかりの完全ガイド!

  4. 冬の寒冷地における凍結対策!「水抜き」の手順と重要性を解説

  5. 美しの国別荘地の物件売却:成功のための完全ガイド

  6. 温泉付き物件を売るなら今?温泉権やメリット・デメリットの注意点を徹底解説

  7. 知っておきたい!田舎暮らしでかかる費用と節約テクニック

  8. 「再建築不可物件」って何? 今知らないと後悔する、メリット・デメリットまとめ!

特集記事 おすすめ記事 おすすめ記事2
  1. 北杜市で別荘を売却したい方必見!~北杜市の現地情報も含めて解説~

  2. 田舎暮らし物件の売却査定の相談にオススメな不動産会社

  3. 「再建築不可物件」って何? 今知らないと後悔する、メリット・デメリットまとめ!

  4. 不動産売却とは?売却のタイミングや成功させるポイントも解説!

  5. 別荘売却したい方必見!高額売却成功へ大事なポイントなどを解説

  6. 不動産の売却について、何をしていいか分からなくて不安ではありませんか?

  1. 「再建築不可物件」って何? 今知らないと後悔する、メリット・デメリットまとめ!

  2. 田舎暮らし物件の売却査定の相談にオススメな不動産会社

  3. 不動産の売買契約で、特に確認すべきポイントは?

  4. 北杜市で別荘を売却したい方必見!~北杜市の現地情報も含めて解説~

  5. 不動産の査定をする場合に使用される3つの算定方法とは?

  6. 別荘を高く売りたい方必見!売れない理由と効率よく売却するポイントを解説

  1. 不動産取引における買付証明書ってなに?

  2. 千葉県の田舎暮らしってどうなの?土地の選び方とおすすめ移住先3選!

  3. 那須町(那須高原)の別荘は売却できる?那須の別荘事情を徹底解説

  4. 別荘売却したい方必見!(八ヶ岳編)~八ヶ岳の現地情報なども含めて解説~

  5. 別荘売却したい方必見!(軽井沢編)~軽井沢の現地情報なども含めて解説~

  6. 安曇野の不動産売却でオススメなサイトは?(別荘売却も)

TOP