最終更新日時 2018.11.14 12:26

おすすめ物件

おすすめ物件一覧へ

地域のご紹介

古民家物件購入へ。不動産物件探しや販売のページです。売却相談も受け付けます。那須、安曇野、富士五湖、八ヶ岳のエリアをカバーをしている不動産会社。古民家はリノベーションで活かすところは活かし価値を高める事でも人気。古民家とは、民家のうち、特に建造されてから時を経たものをいう。古民家の定義に、どの時代に建てられたものか、あるいは建造され何年を経たものを指すかの定義はないが、国の文化財登録制度にあわせ、50年以上を目安にすることが多い。また、その建築方式が釘などを使わない伝統的日本建築で建てられた建物を特定することが多い。最近の日本では、こうした伝統的軸組工法の合理性、耐久性が見直されつつあり、取り壊される寸前の古民家を再生する試みなども多く行われている。背景には、伝統的町並みの喪失、環境問題、日本人のアイデンティティーなどの問題意識が芽生えてきたことがある。古民家には、その使用目的や時代、地域、気候など諸条件によって多くの建築様式があり、使用目的に限っても農家、庄屋屋敷、一般民家(都市部の民家)、商家、武家民家、建家屋敷などがある。古民家に使われている木材は、いわゆる適材適所が採用され、腐りやすい部分には欅、栗、檜などが使用され、梁には強度の高い松、内装には杉などの目に優しく木目の美しい木材や、調湿効果に優れた素材が使い分けられる。このため、メンテナンスさえ怠らなければ、200年から300年は持つように作られている。

注目度ランキング

価格変更

お知らせ

現地情報ブログ