冬の到来に備えて

11月になりました。

10月は、せっかくの週末が台風の接近に遭遇することが多く、少し残念な秋となってしまいました。

最近は、気候も例年通りということが少なくなり、何が起こるか分からないという不安定なことが続いています。

夏の冷夏と長雨に続き、10月の季節外れの台風と、今年は天気にはあまり恵まれなかった年になってしまいました。

11月こそ、なるべく長い秋に期待したいと思いきや、早々と冬が到来したほどの寒さが続いています。

 

リゾート物件や中古別荘、田舎暮らし向き中古住宅は、冬の到来には備えが必要です。

特に、高原や山間部など、標高の高いところは、冬支度が必須なのです。

一番は、水道管や下水道管の凍結を防ぐために、水抜きをしなければなりません。

冬の間、使わない別荘や住宅は、気温が氷点下まで下がると、水道管やが水道管の中にある水が凍結し、その凍結によって管が破裂する恐れがあるのです。

そのために、冬が到来する前に、水を抜く作業が必要になるのです。

もう、そういう時期が来てしまいました。

現場も、その作業が忙しくなることでしょう。

しかし、やはり今年は冬が来るのが早そうなので、本当に残念な気がしてなりません。

春や秋が長いのが、リゾートや田舎暮らしを楽しむには理想なのです。

 

冬でも十分に楽しめるリゾート地もあります。

スキー場が近い場所は、スキーやスノーボード愛好家には大人気です。

南房総や伊豆・熱海は、冬でも暖かく、やはり人気です。

弊社も、冬でも人気が高い、これらの地域の物件も集めてきたいと思います。

ぜひ、ご期待ください。

日本マウント

日本マウント

関東甲信の中古別荘、リゾート物件、 田舎暮らし物件の日本一を目指し奮闘中!! 

More Posts - Website


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です