インバウンド需要の期待

先日、久しぶりに河口湖へ行ってきました。

新宿から特急あずさに乗って大月まで行き、その後に富士急行で河口湖駅まで行くルートでした。

富士急行の電車には、素敵な特急があったり、珍しい車内のものあったりすることを知りました。

その電車に乗るのも、一つの楽しみかもしれません。

 

数年前に比べて、外国人観光客が多いのには驚きました。

しかし、考えてみれば、これはもう日本の名の知れた観光地では、当たり前の風景なのかもしれません。

2020年に4000万人、2030年には6000万人の訪日外国人が政府目標だそうですので、今以上に当たり前の風景になっていくことでしょう。

もしかしたら、これからはマイナーな観光地にもチャンスがあるのかも知れません。

 

駅での買い物や食事の時に、言葉に困らないように配慮してか、メニューやポップが英語や中国語で書かれたものがありました。

駅のスタッフや売店、レストランのスタッフも、流暢な英語で対応していました。

なるほど、これからは英語や英会話が必須であることは、こういう現場を見れば良く分かります。

 

さて、インバウンド需要のことですが、不動産業の世界でも、大きく期待されています。

特に投資物件として、首都圏のマンションなどの人気が高いようです。

最近では、、そのマンションで民泊を考えている外国人もいるようです。

しかし、この需要は、マンションの管理組合が民泊を禁止する動きもあるようですので、十分注意が必要です。

 

今後、考えられることですが、別荘や田舎暮らし物件を外国人が購入して、自国の仲間でシェアすることです。

日本の別荘や田舎暮らし物件で、民泊をやる外国人も出てくるかもしれません。

日本のリゾート地や田舎町は、四季がそれぞれ美しく、地産の料理も本当に美味しい。

春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は温泉があります。

新鮮な野菜、美味しい水、蕎麦などに代表されるヘルシーな日本食、そして何よりも地元の人々の心温まる「親切」があるのです。

 

灯台下暗しではありませんが、外国人の方が、日本の田舎の素晴らしさや良さ、そして価値に気が付きつつあるのかも知れません。

日本に、地元に、こんなに素晴らしいところがあるなんて知らなかったという、私たちの子孫の未来からの声が聞こえてくるようです。

 

そう言えば最近、弊社にも外国人のお客様からの、お問い合わせが増えてきました。

外国に居住する、日本人からのお問い合わせも増えているようです。

今はまだ僅かですが、弊社のビジネスも、需要に少し変化が出てきたような気がしています。

 

備えあれば憂いなし。

これからのインバウンド情報などにも注目したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本マウント

日本マウント

関東甲信の中古別荘、リゾート物件、 田舎暮らし物件の日本一を目指し奮闘中!! 

More Posts - Website


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です