★注意★ブログ記事の情報が古い場合がございますので物件ページへクリックして確認するか、お問い合わせください 03-6451-3960

軽井沢町長倉 森の緑が心地よい木の温もりあふれる別荘物件

現地スタッフの峯岸です。
軽井沢エリアの魅力を現地からお伝えします

先週末、お盆休みを前に、軽井沢町長倉の物件を
御案内してまいりました。道中、地元のFM軽井沢を聴いて
いたら混雑緩和のために信濃鉄道や町内循環バスの利用を
呼びかけていました。
今、軽井沢の街は多くの人でにぎわっていることでしょう。

■ 軽井沢町大字長倉「字鶴溜」 

軽井沢町長倉はとても広範囲、多くの別荘物件がありますが、
0000-000のように郵便番号の逆読みみたいな地番で、
実際に初めて訪ねるその場所をナビゲーションに入力すると
4桁の番地までしか出なくて、その先の3桁が特定できない、
なんてことしばしばです。土地謄本を観ると大字長倉そして
字(いわゆる小字)鶴溜とあります。
実は今回ナビゲーションでお客様と現地待合せしたのですが、
お互いすぐ近くの番地に案内されたものの、急傾斜の茂みで
再度遠回りして向こう側の道路からアクセスしたのでした。

ようやくたどり着いた、森の斜面に建つ静かな山荘
物件No,43236

因みに、この物件近くにある管理事務所をめざしてくれば、
かんたんなアクセスだったことを少し反省しております。

最初にたどりついた場所の道路は、
恐らくこのブログでもよく紹介している草軽電鉄の線路跡が転用された道路では?
草軽電鉄を紹介しているブログは、
旧軽井沢駅舎と草軽電鉄廃線跡 2013年11月
北軽井沢 草軽電鉄唯一現存する駅舎 2014年6月 
を、是非ご覧くださいませ。
と、家に帰ってきてから気付きました。道中に「鶴溜」という駅
あったそうです。昭和37年迄実際に走っていた小型の機関車
が旧軽井沢駅舎前に展示保存されています(下の写真左上)。
(地図は北軽井沢観光協会で購入)

■ ゆとりある敷地、窓から森の景色も綺麗

傾斜地ですが、駐車スペースは二台分、隣家のとの距離も
いわゆる「軽井沢ルール」で建物はプライベートな隠れ家
の雰囲気を堪能できます。

ウッドデッキを支える土台の木組みや基礎部分もしっかりと
しているように見えます。

木漏れ日いっぱいの玄関、中へ入ってみましょう!

■ 木質感あふれる内装

内装は、木の温もりあふれる壁や天井の板張り
リビングルームと連続する和室二間は、開け放てば大空間と
して利用出来ますし、
襖で仕切れば個々にプライベートな空間としても使える、
転用性の高い間取りとなっております。

美しい木目に癒される壁面と天井面は無垢材の羽目板
建築当時の90年代は、森林浴効果があるといわれ、
木質内装材はとても人気がありました。

■ 独自の水源は長期滞在ならお得

サイトには、
管理費と共に私営水道でその費用が掲載されていますが、
公営水道の基本料金と使用料を考えると、長期滞在や定住なら、
お得ではないかと思います。

別荘地内に設けられた独自の水源
(こちらは春に取材した近くの別荘のものです。)

■ 換気設備で建物長持ち

浴室、洗面、トイレも設備機器の状態は良好
三カ所共に壁面に窓と共に換気設備が付いているのに
(特に洗面脱衣室)当時の設計者の配慮を感じます。

住宅の気密性が高くなった半面、別荘のように不在期間が
長期間になる場合、こうした換気設備が有効に働きます。

又、目立たないところですが、床下換気口に金網を張って
いるところも、小動物の進入を食い止めています。
建物を大切に維持管理したいという姿勢を感じられます。

■ 彩光や借景、寝室の明かり

和室二間というのも、当時の住宅プランのスタンダードで
あったのでしょう。生活の洋風化に伴い布団でなくベッド
で眠ったり、部屋もプライバシーを守る方向に変化し始める
のは90年代後半以降です。

しかしながら、この間取り、仮にリフォームして和室を洋室
にしても、窓の景色や彩光においては充分機能し快適に過ごせる
と思います。

寝室として使っていたであろう洋室は、
現在オーナー様の備品類が置かれているため天井の明かりだけ撮影、
上手に撮れませんでしたが、
天井と器具の間に空間を設けたデザイン、
書斎として使う場合の直接光と、寝室として使う間接光を
リモコンで切り替えることが出来る照明だと思います。

今では、ハウスメーカーもこうした提案が一般的になりましたが、
当時としては珍しかったかもしれません。

■ にぎわう夏の別荘地「三笠」「鶴溜」

アクセス路でナビゲーションが案内したルートは、
旧軽井沢から三笠通りを進み、三笠パークから、
くねくねとした山道をゆるーく上って鶴溜へ。
これは、かつての草軽電鉄が走っていたルートで、恐らく
昔から多くの別荘が建てられ、多くの人が行き交った
そんな場所だったのでしょう。
途中、すれ違ったメルセデス三台、後を走っていた
メルセデスも三笠通りから同じ方向へ向かって物件近く迄
走っておりました。別荘滞在者の車、周辺を散歩する家族など、
にぎわいを感じた別荘地でした。 (写真は嬬恋村でもらったうちわ)

昨日ブログで紹介した美術館、田崎廣助も「三笠」に
アトリエを構えて、浅間山や蓼科の山岳風景を描いた
そうです。
今回御案内した物件もアートに造詣深いオーナー様では?
国内の一流メーカーのシリーズ家具、英国伝統文様のクッション、
プライベートなものなので、写真紹介は控えますが、
二科展でよく観た画家さんのリトグラフが飾られておりました。
(昔の「三笠」駅 / 旧軽井沢銀座 土屋写真館で購入した絵葉書)

自然や芸術に造詣の深い人たちがこよなく愛する軽井沢
それを実感した物件の御案内でした。

では、あらためてご紹介
軽井沢町の別荘としてはとてもお買い得価格だと思います。
物件No,43236

軽井沢エリアの物件はこちらです

田舎暮らし向け物件のNo.1を目指す 、
日本マウント株式会社のホームページはこちら

田舎暮らし物件や別荘はプロにおまかせ、売却の御依頼はこちらへ

日本マウント株式会社
東京都品川区平塚2-5-8 五反田ミカドビル3F
お問い合わせは
TEL:0120‐404‐432
(フリーアクセス、携帯、PHSからも通話可能です)
営業時間  月~金   9:00~19:00
土・日・祝日 10:00~18:00

峰岸康之

峰岸康之

群馬エリアの現地案内スタッフ。 地域に生まれ育った者ならではのご案内をしてまいります。 地域のライフスタイルの今と未来を想像し、素敵な居場所をつくっていくための道案内ができますよう願っております。

More Posts - Website

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 2019-10-5

    那須高原の中心!! ミュージアムストリート至近!! 4面のテニスコート、コテージ6棟、超大型物件のご紹介です!!

    こんにちは~ 那須・日光エリア、現地スタッフの橋本です。 那須高原、那須塩原より現地のHOTな情…
  2. 2019-9-30

    那須高原 中心地!! ミュージアムストリート近く!! 4,000 坪の広大な土地を有効活用してみませんか ??

    こんにちは~ 那須・日光エリア、現地スタッフの橋本です。 那須高原、那須塩原より現地のHOTな情…
  3. 2019-9-30

    調査物件 白州町教来石 趣味にも車が無い人にもやさしい平屋物件 

    皆様、こんにちは、9月も最終日になりました。 昨日に引き続き、ブログをお届…

新着記事

  1. このたび「台風19号」により 被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 また、お亡くなりに…
  2. こんにちは。安曇野、白馬エリア担当の酒井です。 いつも、ありがとうございます。 今日は、…
  3. 日向山山頂より 八ヶ岳麓に拡がる北杜市、左側は長野県富士見町。 モザイクのように見える黄…
  4. こんにちは~ 那須・日光エリア、現地スタッフの橋本です。 那須高原、那須塩原より現地のHOTな情…
  5. 千葉県北東部&九十九里エリア そして茨城を担当いたします sawaiです (^^)/ 今日、ご紹…
  6. 皆様、こんにちは。 信州では気持ちのいい秋晴れが続いていますが皆様いかがお過ごしですか。 …
  7. こんにちは~ 那須・日光エリア、現地スタッフの橋本です。 那須高原、那須塩原より現地のHOTな情…
  8. 2019/9/30

    初秋の一日
    星野リゾート・八ヶ岳リゾナーレを覗いてみました こんにちは八ヶ岳現地スタッ…
  9. こんにちは!富士五湖現地スタッフの富士まりもんです。 今回は温泉湯治の旅レポです。 富士まりもん…
  10. 長野県 上田市在住の現地スタッフの町屋です。 人気の美しの国別荘地から「大人の隠家のような」別…

話題の記事

  1. 皆様、こんにちは、9月も最終日になりました。 昨日に引き続き、ブログをお届…
  2. 皆様、こんにちは8月も残りわずかとなりました。 今日は先月の終わりに調査し…
  3. 皆様こんにちわ、ゴールデンウィーク真っただ中ですが、 如何お過ごしですか?ご旅行にお仕事にゆっ…
  4. 皆様、こんにちは!八ヶ岳スタッフの山田です。 GWも始まり行楽各地は賑やかですね。ここ…
  5. こんにちは!富士五湖現地スタッフの富士まりもんです。 前回に引き続き、富士山周辺の別荘地紹介です。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る