★注意★ブログ記事の情報が古い場合がございますので物件ページへクリックして確認するか、お問い合わせください 03-6451-3960

天城高原別荘地:わたしたちの別荘に興味を持たれた方へ(オーナーブログ)(No.41707)

       ※この記事は、物件のオーナー様からの提供(No.41707)により作成しております。

このブログエントリーは、いまの私たちの別荘の状況を少しでも多く情報発信することで、なかなか天城高原まで足を運ぶ機会を持てない方々にも本別荘のイメージを少しでも多く伝えたい、と考えたものです。

実際、この物件を日本マウント様で公開してから、特に「突き当たりの立地」や「大きな丸太のログハウス」あたりを気に入ってくださる方は多いそうなのですが、一方で、実際に現地へ足を運ばれた方からは「家屋の傷み」を気にされる方も多いということを伺いました。

家屋の一部は購入時点からは「リノベ済み」なのですが、ここ 5 年ほどは春〜秋口にかけての伊豆旅行の拠点として使っていた形で、リノベに関しては手付かずの状態でした。普段の住居としては使っていませんので、この間に外観の傷みが徐々に進んでいる状態です。

以下は内覧された方からご指摘を受けた箇所を日本マウント様から教えていただいたものです。

  • 外部軒裏、木部 → 破損
  • 2F ベランダ・出入口ドアー  → 劣化による不調
  • 2F ベランダ・手摺り → 劣化による不調
  • 東・躯体・丸太〈1 段 〜 3 段〉 → 劣化による不調
  • 丸太及び屋根他 木部塗装 → 劣化による不調

この別荘は希望売出価格を以前の 1100 万から今年 980 万に減額しました。それにより、興味を持ってくださる方が増えたのですが、実際に見学をされる方の予算感としては、「検索にヒットする事が増えたことからも 1000 万以下ではないか」とのことで、この「家屋の傷みの修繕」を考えると予算がオーバーしてしまいます。

では、さらに価格を下げてみてはどうか、というのも考えたのですが、一度価格を下げてしまうと、今度はその予算で見に来る人が増えるだけで、やはり修繕費用がオーバーしてしまいます。

そこで私たちは考えました。「そもそも修繕費用ってどれくらいかかるのだろう」「いわゆる『外観等はなおさなくてもいいよね』となるまでどれくらいを見積もっておけばいいのだろう」。BBQ エリアを整備したり、斜面の土地の木を倒して階段を作ろうとか、こういったのは DIY の本領発揮部分だと思いますが、そこに辿り着くまでの「初期費用」「復帰費用」です。

そこで、実際にその修繕費用の見積もりを地元の会社様にお願いしました。以下がその見積もりになります(価格については一旦伏せておきます)。


見積もり内容についてのコメントもいただきました。写真もその時のものです。

天城高原 ●●様邸の見積り説明について・・・

現状の建物はよく見て回ってみると、傷みが多くなっています。屋根上の鳩小屋の板羽目なども痛みが広がっています。

外壁の丸太の補修はログハウス専門の業者に相談いたしましたが、ジャッキアップして行えば丸太での補修も可能ですが、金額があがってしまうとのお話です。なので玄関面・東側の下から 3 本ぐらいの丸太が傷んでいるため、丸太の前で壁を作って雨があたらないような状態に致します。(デッキ側は全面に丸太を隠して板で新たな壁を作っています)裏のように全面ではなく、見栄えの良いように下から 1m 程度壁を作ります。

どこまで、どのぐらいの予算をかけて工事をするかで大きく金額が変わってしまうため、今回はあくまで塗装ができる状態と、見た時の傷みぐあいを減らす程度での見積です。

もし工事をするような方向性にむきましたら、再度お施主様と現地にてお話ししながら見積を作りたいと考えていますので、宜しくお願いします。

今回の見積もりは 200 万以上になっています。つまり、980 万で購入されようとされている方からすれば、合計で 1180 万はかかることになり、大幅な費用オーバーとなります。また、この見積もりはあくまでもざっくりとした見積もりで、実際に補修を行う際には改めて見積もりや相見積もりをとったりして減額交渉なども行うでしょうし、逆にさらなる補修部分を検討することで、さらに補修費用がかかることもあると思います。

今回の見積もりを通じて感じたことは、現状の痛み具合ですと前回のブログで書いたような「旅行の拠点」としても、「DIY のベース」にしてもそもそも「スタート地点に立つのが難しい」というのがわかりました。

そこで、「スタート地点までの修繕にかかる費用」につきましては、現在の表示価格からの減額交渉のご相談を全力で承ります。是非とも一度、価格交渉のテーブルについてくださる方が現れる事を願いつつ、今回のブログを締めたいとおもいます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

静岡県 伊東市 「天城高原別荘地」中古別荘 ログハウス ウッドデッキから満点の星がロマンチックです! 3LDK +S(No.41707)

 


■地元で生活している方の記事提供をお待ちしております。

この記事は、物件のオーナー様からの提供により作成しております。

もっと物件や地元をPRしたいという方は、一度ご相談ください。

記事提供をしたい方はまずはこちらへ→ ブログ記事提供のお問い合わせ

 

■その他、富士五湖・伊豆・伊東エリアのブログはこちら

伊東・伊豆の物件ページはこちら→ 伊東・伊豆エリアの物件の情報が載っています

 

■不動産の相談は、どこに連絡したらいいの?

ホームページから問い合わせフォームからのメール連絡や電話連絡を受け付けております。

【別荘、田舎暮らし物件の不動産購入の方は?】

本社と現地スタッフのネットワークでいち早く対応

田舎暮らし中古住宅専門の不動産会社:日本マウント

【別荘など、不動産売却でお困りの方は?】

無料で手間いらずの物件売却のお手伝い

不動産売却フォームはコチラ

TEL:0120-404-432 (フリーアクセス、携帯・PHSからも通話可能です)

不動産売却、購入にお困りの方、是非、私共にお手伝いをさせてください。 心よりお待ちしております。

東京都品川区平塚2-5-8五反田ミカドビル3F
【営業時間】 月~金 9:00~19:00 土、日、祝日 10:00~18:00

日本マウントスタッフ

日本マウントスタッフ

関東甲信の中古別荘、リゾート物件、 田舎暮らし物件の日本一を目指し奮闘中!! 不動産関係のご相談もお気軽に!!

More Posts - Website

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 2019-8-31

    「日本で最も美しい村連合」加盟の南那須エリアの小砂地区より 栃木県の伝統工芸品にも選ばれている、金結晶で有名な『小砂焼き(こいさごやき )』

    那須・日光エリア、現地スタッフの橋本です。 南那須 那珂川エリアの魅力をお伝えします (^-^) …
  2. 2019-8-30

    調査物件 白州町横手の自分の森を持つ雰囲気のあるログハウスーできれば私が住みたい

    皆様、こんにちは8月も残りわずかとなりました。 今日は先月の終わりに調査し…
  3. 2019-8-1

    天城高原別荘地:わたしたちの別荘に興味を持たれた方へ(オーナーブログ)(No.41707)

           ※この記事は、物件のオーナー様からの提供(No.41707)により作成しております。 …

新着記事

  1. 千葉県北東部&九十九里エリア そして茨城を担当いたします sawaiです (^^)/ 今日、ご紹…
  2. こんにちは、岩本です。 先日芦ノ湖高原の新規物件の調査に行った折り、芦ノ湖スカイライン沿いのレ…
  3. こんにちは安曇野、白馬エリア担当の酒井です。 いつもありがとうございます。 台風15号が…
  4. こんにちは。安曇野、白馬エリア担当の酒井です。 いつもありがとうございます。 今日は、安…
  5. 群馬県、現地スタッフの峯岸です。 秋の気配が少し漂い始めた群馬県 昨年の春に調査した、 …
  6. こんにちは、 千葉県南房総担当山口です。 千葉県 南房総最南端、朝日と夕日が綺麗な白浜よ…
  7. こんにちは、 千葉県南房総担当山口です。 千葉県 南房総最南端、朝日と夕日が綺麗な白浜よ…
  8. こんにちは!富士五湖現地スタッフの富士まりもんです。 今年も暑かったですが、8月は台風が来たりお天…
  9. こんにちは。 二十四節気では季節は処暑から白露へと移り変わろうとしていますが、皆さまいかがお過…
  10. 長野県 上田市在住の現地スタッフの町屋です。 信州の魅力を発信しています。 8月はお盆に…

話題の記事

  1. 皆様、こんにちは8月も残りわずかとなりました。 今日は先月の終わりに調査し…
  2. 皆様こんにちわ、ゴールデンウィーク真っただ中ですが、 如何お過ごしですか?ご旅行にお仕事にゆっ…
  3. 皆様、こんにちは!八ヶ岳スタッフの山田です。 GWも始まり行楽各地は賑やかですね。ここ…
  4. こんにちは!富士五湖現地スタッフの富士まりもんです。 前回に引き続き、富士山周辺の別荘地紹介です。…
  5. こんにちは!富士五湖現地スタッフの富士まりもんです。 遅ればせながら、明けましておめでとうございま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る