★注意★ブログ記事の情報が古い場合がございますので物件ページへクリックして確認するか、お問い合わせください 03-6451-3960

「伊豆半島ジオパーク」⑥西伊豆エリア・三四郎島の海の道「トンボロ」!

こんにちは、静岡担当岩本です。「伊豆半島ジオパーク」シリーズも6回目となりました。今回は、

先日、西伊豆堂ヶ島に行った際、堂ヶ島海岸の一部、瀬浜海岸と三四郎島の間に現れる「トンボロ現象」を見ましたので紹介したいと思います。

まず、おさらいですが伊豆半島の成り立ちについて簡単にもう一度お伝えします。

トンボロ現象もその成り立ちに深い関係があるんです。

【《成り立ち》伊豆半島は今では日本列島の一部ですが、大昔(約2000万年前)は、なんと硫黄島付近に浮かぶ火山島でした。伊豆半島が乗っているフィリピン海プレートは気の遠くなるような長い年月かけ、プレートの上の火山や海底火山と共に北に移動し、日本列島に衝突して、陸地同志が海を埋め、約60万年前現在のような伊豆半島の原型ができました。】

 

トンボロ現象とは?

瀬浜海岸から沖合200mほどのところにある、四つの島(象島・中ノ島・沖ノ島・高島)まで干潮時になると歩いて渡れる現象のことです。四つの島は見る角度によって三つにも四つにも見えることから「三四郎島」と呼ばれています。

また、源氏の武者、三四郎が中ノ島に隠れ住み、彼と恋に落ちた小雪が引き潮の時の数時間逢いに行ったという伝説も残っています。

その為、三四郎島=トンボロが有名になりました。

普通なら、いくら干潮時でも陸続きになるほどそこだけ浅いのはおかしいと思いませんか?これは、まだ、伊豆ができる遥か昔にさかのぼります。

かつての海底火山の地下にあったマグマの通り道の名残りと云われています。その関係でトンボロのできる位置に両際から海流が流れて石が運ばれ浅瀬になったようです。

なぜジオサイト〈ジオパーク:地球の活動(噴火など)の痕跡がみられる場所〉なのか?

三四郎島はマグマが冷えて固まる際に収縮してできた「柱状節理」が見事な島なのです。一番手前の大きな島は象島ですが

堂ヶ島の洞窟巡りで遊覧船で船上から見た象島の写真と、説明が前回のブログにあります。

以下、ブログの一部

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

島が見えてきました。カメラを変えたのでなんか映りが違いますね。マグマが冷えて固まるときにできる「柱状節理」の模様が見事に象の形になっています。

すぐにわかるのが鼻のところですね。しわのところまでそっくりです。耳や目、足、膚感など見れば見るほど象の形です。

尻尾のところが「トンボロ」に繋がります。

ここまで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このように象島とトンボロは繋がっているのです。

このトンボロは、いつ行っても見られるわけではありません。

いつ見れるのか?規模は?

1.見頃は一年の内で2月~10月中旬〈最も良いのは3月~9月〉

2. 干潮時で潮位が50㎝以下の時に現れる

3.干潮時の前後2時間位は見れるが、潮位が0以下の時や大潮の時などはもっと長い時間見ることができる。

4.幅30m~50m位で長さは200m位ある。

5. トンボロの道はほとんどが石で水場に残された会やヤドカリなどを見ることができる。島と島の間の「潮だまり」は磯遊びが絶好の場所になる。

この日は潮位が-5㎝・絶好なトンボロ日和・早速行ってみました。

干潮が12:22、遊覧船の乗船時間が14:00で、15分前に集合、遊覧船駐車場からは徒歩15分はかかるとの事。現在時間12:10位だったでしょうか。もうトンボロは始まっています!あまり時間に余裕がないので小走りで行くことに・・・・

道路からトンボロの全景が見えます。結構潮が引けてますね。ここから見ると島が一つに見えます。(手前の象島だけが見えます)

10分位歩くと堂ヶ島温泉ホテルのところに看板がありました。ここにも駐車場があった!ここに入れれば歩かずに済んだ!下調べ不足ですね。

案内の看板です。この先を海岸の方へ降りていきます。5分程歩きます。

道が開けて瀬浜海岸に着きました。瀬浜海岸のところの案内図です。遊覧船乗り場の駐車場から現在地まで、結構ありました!

瀬浜海岸は砂浜がなくすべて石ころの海岸です。大小の石ころで歩きにくく運動靴で来てよかった!結構サンダルの人もいて大変そうでした。

もうかなり干上がったトンボロが見えます。不思議な海の道です。緑色の海藻苔のところ辺りが海岸と海との境になります。

足元の海水が溜まっているところには小さな貝がいました。象島と中ノ島の間の潮だまりにはイソギンチャクなどもいるそうです。小さな水槽を持っている親子がたくさんいました。

150m位来たところで海岸の方を振り返ってみました。

遊覧船の乗船時間が迫っていたので三四郎島のところまでは行かずに戻りました。

この後、堂ヶ島・天窓洞めぐりの遊覧船に乗ったのですが、その時の様子はブログでご覧ください。

「伊豆半島ジオパーク」⑤西伊豆エリア・堂ヶ島・天窓洞「神秘の青の洞窟」に感動!

船上からトンボロが見えました!アングルが違うと面白い写真になりました。

左が三四郎島です。だいぶトンボロも狭くなって来たようです。

船上から撮るとこんな感じになります。

海岸方向です。海の道の感じがしますね。どうでしょうか?

いつかは見たいと思っていた「トンボロ」を今回見れて良かったです。時間に余裕があれば三四郎島の方まで行って別のアングルから見てみたいと思いました。

伊豆半島がジオパークに認定された事により、伊豆の成り立ちなど知った上でみるとより身近に感じられました。

帰りがけに、道路から見てみました。最初に見た時より2時間近く経っていましたがまだ、残っていました。上の写真と比べてください!

***************************************

さて日本マウントでは、伊豆の中古別荘物件を紹介しています。

西伊豆には別荘地がなく物件はありませんが、ぐるっと回って、東伊豆から伊東、人気の伊豆高原などには多く掲載しておりますので

是非ホームページをご覧ください。伊豆高原にある、城ケ崎海岸などもジオサイトになっていますので、足を運んでいただけると嬉しいです。

伊東市や伊豆高原・大室高原・シャボテン公園別荘地などの物件はこちら

伊豆、箱根、富士五湖などの静岡県の田舎暮らし物件は中古住宅などの不動産のご相談はこちらへ

その他、関東甲信地方の、お買い得な不動産(中古別荘、中古住宅、田舎暮らし物件を専門)を取り扱っています。

日本マウントHP
不動産の売買、仲介、査定に加え、田舎暮らしのサポートもいたします。
お気軽に日本マウントにご相談ください。

★物件売却ご希望の方はこちらをクリック!!

お客さまの大切な物件を早期売却のために
当社のホームページに載せてみませんか?
無料掲載自宅で楽々!
売れなく困っているお家を日本マウントのHPに載せてみませんか?

営業時間外及び休業日は、問い合わせフォームまたはFAXでお願いします。
東京都品川区平塚2-5-8五反田ミカドビル3F
お気軽にご連絡ください!お待ちしております!

FREE:0120-404-432
TEL:03-6451-3960
FAX:03-6451-3961

岩本和彦

岩本和彦

静岡エリアの現地案内スタッフ。 建設・不動産業界一筋30有余、多くのお客様・関係者様の助力をいただき、今日に至っております。 現在もなお昔からのお客様に可愛がっていただいております。 今後も生涯に渡り、縁ある方を大切に、持てる力を発揮して参りたいと思います。

More Posts - Website

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 2018-11-16

    新着!眺望抜群の芦ノ湖高原の大型ログハウス・1F/2Fバルコニーは総ガラス張りのサンルーム!!

    こんにちは、静岡岩本です。 今回は芦ノ湖高原別荘地の新着物件をご紹介します。富士山、駿河湾が同…
  2. 2018-10-31

    出ました!人気の泉郷、お手頃山荘風物件IN八ヶ岳高原エリア 

    皆様、こんにちは!八ヶ岳の紅葉は今が見ごろを迎えています。 今日は、先日調査して参りま…
  3. 2018-10-28

    戸田の交差点からすぐ!! ヨーロッパ郊外にただずんでいるようなヨーロピアンアンティーク調の店舗付き中古住宅をご紹介いたします!!

    こんにちは~ 那須・日光エリア、現地スタッフの橋本です。 那須高原、那須塩原より現地のHOTな情…

新着記事

  1. 茨城県、栃木県の一部のエリア担当をしていますクマダです。 かすみがうら市の物件を掲載します。外…
  2. こんにちは、静岡岩本です。 今回は芦ノ湖高原別荘地の新着物件をご紹介します。富士山、駿河湾が同…
  3. 千葉県北東部&九十九里エリア そして茨城を担当いたします sawaiです (^^)/ 今日、ご紹…
  4. 漫画:富士五湖探検隊 富士五湖に幻の6つ目の湖!?アイキャッチ
    お天気がいいと行楽に出かけたくなりますね。でも遠いと面倒じゃありませんか? この記事と漫画では…
  5. 茨城県、栃木県の一部のエリア担当をしていますクマダです。 外観のブログは前回掲載しましたが今回…
  6. 伊奈ヶ湖(南アルプス市)の秋 こんにちは八ヶ岳現地スタッフの岡村です。 …
  7. 皆さん、こんにちは今日もお元気ですか 安曇野、白馬エリア担当の酒井です。 今日は白馬村北…
  8. 群馬県、現地スタッフの峯岸です。 上毛三山の麓の街や北軽井沢の魅力を現地からお伝えします 関…
  9. 茨城県、栃木県の一部のエリア担当をしていますクマダです。 筑波山ろくに見事に実った石岡市柿岡名…
  10. 皆さん、こんにちは今日の調子はいかがですか 安曇野、白馬エリア担当の酒井です。 こちらは…

話題の記事

  1. こんにちわ、千葉県南房総担当山口です。 千葉県 南房総最南端、朝日と夕日が綺麗な白浜よりご近所の情…
  2. こんにちは、静岡岩本です。今回は十里木高原別荘地の新着物件を紹介します。 静岡県 裾野市須山 …
  3. こんにちは~ 那須・日光エリア、現地スタッフの橋本です。 那須高原より現地のHOTな情報を リ…
  4. あなたは親から家を相続で譲りうけることになりました。 その家は現在、住んでいるところからは…
ページ上部へ戻る